木の話

 家具の形もさることながら、樹種の選択も悩むところです。 色合い、木目の風合い、形状、いろいろな視点があります。グルッペでは国産材は北海道産、東北産が主で、クルミ、サクラ、ミズナラ、イタヤ、キハダ、タモ、アカエゾマツ、外国材では北米産のブラックウォールナット、チェリー、メープル、アフリカ産のマホガニーなどをストックしています。 無垢材、特に広葉樹は同じ樹種でも一本一本個性があり、同じものはありません。これが同じ樹種なの?とびっくりするくらい違う丸太もあります。作品の製作にあたってはできるだけ原板を見ていただいて「この板で!」という運命の出会いを楽しんでいただけるように努力しています。

 樹種の一般的な特徴とグルッペでストックしている木の特徴をまとめました。またそれぞれの木で作った作品集をご覧いただき(一部準備中です)その個性を感じとっていただけたら幸いです。 でもこの説明だけで、「この木は・・・きらい」と決められてしまってはかわいそうですので、おおらかな気持ちで見てください。それではよろしくお願いします。

クルミ(胡桃) … ヒメグルミ・オニグルミなど(北海道、岩手産)

kurumi

それほど重くなく堅くなく、 ちょうど良い。その強さと熱を伝えにくいという性質から鉄砲の銃床などに使われた。色は暖かみのある茶色ですが、 かなり渋い感じのものもあります。なんともいえない暖かい感じのする木で、炬燵の天板や椅子の座板など、人が直接触れる作品に最適。巷では、ステーショナリー作品にも良く使われています。 クルミは英語でウォールナット。有名なアメリカのブラックウォールナット対して国産のクルミはジャパニーズ・ウォールナット!グルッペでは一番良く使っている木です。

サクラ(桜) … オオヤマザクラなど(北海道産)

sakura

クルミよりやや重くて堅い。木肌は滑らかで緻密でつるつる。色はやや黄みのあるものから、赤みをおびた茶色まで。いろんな木が「なんとかザクラ」という名で呼ばれていてどれがほんとなのというくらい一本一本個性の違う豊かな木です。また大径木は少ないので、何本かの丸太からの作品になる事が 多くそれぞれの個性が相まってなんともいえない暖かさの作品になることも多い。 削っているとほのかに桜餅の匂いがして気持ちがいい。心材の赤い部分と辺材の白い部分(白太)がはっきりしていて、皮(耳)がきれいに残っている板は耳つき仕上げがお進めです。板になってしまえば、チェリー材と、一見区別のつかないものもありますが、よーく見ると「私は日本のサクラよ」と香を漂わせています。近年益々貴重になってきていますが、 これまでいろんな丸太にめぐり会えてストックしてきましたのでご安心ください。。

ナラ(楢) …ミズナラ(北海道産)

nara

一般的には重くて堅いが、北海道産のナラは、適度な重さ堅さのものが多く使いやすい。(長野県の地元のミズナラはとんでもなく重くて固いものが有る)色は灰褐色から褐色。環孔材で木目ははっきりしている。また放射組織が活発で、柾目では独特の模様(虎斑・トラフ)になって あらわれる。 この写真の板(下側)は柾目板で幅が30センチほどですが、年輪を数えると300年を超えています。ため息がでます。神々しさを感じる木です。その重厚な雰囲気と落ち着きをはその年月の営みが醸しだしているのでしょう。 幅70センチ以上の天板用の一枚板のストックがあります。

ブラックウォールナット(北米産)

blackwalnut

堅くて強い割にそれほど重くなく加工もしやすく、家具のために生まれてきたといわれる高級材。ウォールナットはクルミのこと。木肌や木目の感じは日本のクルミとよく似ているが、色がチョコレートブラウンからこげ茶色でなんとも渋い。またオイル仕上げとの相性も最高。通常アメリカで製材乾燥した板を購入することが多いですが、グルッペでは丸太ごと入手して製材した板もたくさんあり、天板用の幅の広いブックマッチ可能な板や幅70~80センチクラスのもストックしています。

チェリー …  アメリカンブラックチェリー(北米産)

cherry

やや重くて堅くて、木肌は滑らかで緻密でつるつる日本のサクラと区別がつかないものもあるが、サクラより色の濃いものピンクがかった感じのものが多い。 中には経時でマホガニーかと思わせるようになるもの、ガミとよばれる黒い筋の現れるものもある。 ブラックウォールナットと同様、通常アメリカで製材乾燥した板を購入することが多いですが、グルッペでは丸太ごと入手して製材した板のストックがあり、よりハイレベルな共木での製作や、幅の広い板での天板も可能です。波状杢の賑やかで美しい貴重な板もあります。

マホガニー  … アフリカンマホガニー(ガボン産)

nahogany

世界的に有名な高級家具材。(真性は南米のホンジュラス)さぞ重くて堅いだろうと 思われがちですが、 重さ、堅さは、中程度。その割に強度があり、加工しやすく、素地は淡いピンク色~やや赤みのあるオレンジ色。 オイルを塗るだけで落ち着いた赤茶色に変身し、時を経るとその深みを増していくのは さすがという感じ。やや薄めの色の丸太と(オレンジ色系。写真の板)と もう一本は濃い目(ワインレッド)の丸太があります。 いずれも大木なので一枚板の作品が得意。

カエデ(楓) … イタヤカエデ(北海道、岩手産)メープル(北米)

kaede

ナラよりもさらに重くて堅くて緻密。頭ぶつけるとイタィヤ!と アメリカ材のハードメープル。両者は似ていて、木片にすると区別が付かないことが多く一緒に使うことも多い。メープルは白っぽい感じからややクリーム色のものが多く、イタヤも同様の風合いのものもあるが、ややほのかにピンクのもちっとした日本的感じはイタヤの特徴かな。イタヤでもまた北海道産と東北産とは少し風合いが違う。樹種の差なのか、産地の差なのか個体差なのか、なかなか一概には言えないが、いずれも使い込むと飴色になる。ともに甘いシロップの香りがするのも共通。(日本のサクラとアメリカのチェリーは違った匂いがする)また手持ちのメープルは成長の良い木が多く年輪がはっきりしたものも多い。日本のイタヤは成長のゆっくりのものも多くそのイメージ差は大きい。いずれも独特の杢を持つの美しい板も多いが、入れ皮や染みっぽいところが黒く目立つことも多い。メープルは主に現地製材の乾燥材で入手することが多いが、丸太で入手し製材した超個性的材を次に紹介しますます。

メープルの大木(北米産)

これがメープル???というような色合い、風合いの板です。(自称マーブルメープルと呼んでいます)大木の丸太厚板で製材してストックしています。 カウンターや机や天板、ブックマッチのテーブルなどが製作できます。残りあとわずかですが、楽しみに出番を待っていま~す。

アカエゾマツ(赤蝦夷松) … (北海道産)

akaezomatsu

直径は85cmほどであるが樹齢は300年を裕に超えている。北海道は大雪山系の原始林から来た。 丸太の製材のときなんともいえない神聖な気持ちになる。天寿を全うせずに切られてしまったのかと思うと、 罪の意識も感じる。無駄にはできない樹の命。良い物を作るからねと手を合わせる。 どの方向に鋸を入れれば一番きれいな木目がでるか、 そして無駄なく活かせるか、がさがさの樹皮を撫でながら 製材所の大きな帯鋸で切られていく。中身が順に見えてくる。心ときめくこの瞬間。 ここはテーブルの天板に、ここは脚に…と制作意欲をかきたてる。 目が詰んで強くて、ヤニモ少なく艶があり、この素晴らしいアカエゾマツをあなたも傍におきませんか? 最近は特に指定の注文が少ないので子供が世帯を持ったらベビーダンスも作ってやろうと思っている。

キハダ(黄肌) … (北海道産)

kihada

キハダは樹皮と丸太の間の黄色いコルク質が黄檗(オウバク)として健胃薬として使われるので有名だ。この鮮やかな黄色とこの苦さ。 なんという自然の賜物。ちょっとお腹が気になる時にガム代わりに噛んでみる。めっちゃくちゃ苦くて僕のもっとも苦手な味。子供の頃、頓服の粉薬をいやいや 飲まされた思い出がよみがえる。キハダの木肌はやや柔らかくとても優しい感じ。色合いはやや緑がかった明るい感じから芯に近い部分はやや渋い感じ。魚のベ ラように色が混じっているものや杢のあるところはキラキラと美しい。水湿に強く、また体にも良さそうなので食器棚やベッドに使おうと思っている。

タモ(梻)… (ヤチダモ 北海道産)

tamo

それほど重くないが、強く弾力に富み丈夫。野球のバットに使われているので有名。ナラと共に一般的に家具材として広く使われているので無垢材として目にする機会は多い。色は黄白色から褐色の環孔材で木目がはっきりして素直な感じがする。左の板はそれぞれ色合い風合いが異なる通常よく使う板です。中には複雑な杢を有するものもあり、写真右の板はちょっと貴重な玉杢の板です。座卓こたつ天板やカウンタートップにと思っています。いかがですか!

その他これまで使った材、抽斗材、装飾などに使っている材など

キリ・桐(中国)軽くて燃えにくい、桐箪笥などにつかわれるので有名。家具では引き出し材にもよく使われるが、グルッペでは幅方向に剥いだ板を底板として主に使っている。
セン・栓(ハリギリ・北海道)程良い重さ堅さで、色が白っぽいこともあり、一時、抽斗用として使っていた。木目は明瞭で家具材としては、漆を塗り、ケヤキの代用として使われることも多い。手持ちでは幅1メートル越え×長さ2m20の貴重な天板用の厚板2枚ストックして出番を待っている。
シナ・榀 (シナノキ・アカシナ・北海道)シナ合板で多用されるので、有名。白っぽく比較的軽量なので、グルッペでは抽斗材のメイン材として使っている。
カツラ・桂(コウノキ・ヒガツラ・アオカツラ・北海道)暖かみのある色合いで、加工もしやすく、彫刻材や将棋の駒に使われることも有名。抽斗材としてもよく使われる。
クリ・栗(本州)大きな栗のきの下で~硬い材は家の土台に使われる。木目ははっきりしているが、それほど堅くない木も多く、優しい色合いのせいもあり独特の優しい感じがする。
カバ・樺(マカバ・北海道)ミズメ・水目(ミズメザクラ・北海道)サクラの代用として流通することも多い。グルッペでは、一時カバは構造材として使っていた。手持ちでは水目のトラ杢という豪快な風合いの一枚板がある。
ブナ・橅 (東北・本州)日本の森の主である。積み木に使っている。
ケヤキ・欅(日本)「腐ってもケヤキ」というほど、ファンが多い。堅くて、そのわりに加工もし易く、深みのある色合いと削った匂いがお仏壇の香りがして、まさしく日本の木という感じ。仏像などぼ彫刻などにも重宝される。
エンジュ・槐(イヌエンジュ)家の庭木にも植えられたり、床柱につかわれたりの身近な木。独特の色合いがあり、埋木やノブなどアクセンに使っている。
イエローパインのピーラ(針葉樹・ダグラスファー・北米) 北米アラスカよりが産地。いろんなダグラスファーの仲間のひとつであり、日本では総称してベイマツと呼んでいるが松ではない。目の詰まった幅の広い柾目板を特にピーラといい木工を始めたころよく使った。
アメリカの広葉樹は・・・計画的に伐採されたり、植樹されていると聞く。上記の他にはオークやホワイトアッシュ、アルダーなどがよく使われている。日本の広葉樹で植樹されているのはバットに使うタモくらいで、あとはたまたま伐採されて市場にでるという状況で、どんどん切ると無くなっていく。
家具材の3大銘木は・・・ブラックウォールナットとチークとマホガニーと言われている。実際に扱ってみるとその魅力的な色合いだけでなく、強度や安定性、加工のし易すさなど、なるほどと頷ける。
チーク(東南アジア) 家具材はもちろん、船の甲板にも使われたが、その堅さや色合い、ロウ状の独特の感触に触れると納得です。私自身、チークの家具は木工屋になる前から大好きで、多分に北欧デザインに惹かれてのことでもあるが、今でも自宅の食器棚やテーブルは当時のものを使っています。(貼り物ですが・・・)現在、自然保護で伐採禁止の所も多く輸入が難しくなっている。
ローズウッド・紫檀(ブラジル・東南アジア)紫色を帯びた暗褐色を呈し文句無しの高級材。バラの香りが名前の由来。ブラジリアンローズウッドは絶滅危惧種で取引が禁止されている。

ページ上部へ戻る